寝不足原因で顔のたるみ

顔のたるみと寝不足の関係性を教えて!

顔のたるみと寝不足

仕事が忙しいなどの理由で寝不足になってしまう事はよくあります。お肌の大敵と呼ばれていますが、睡眠が足りないだけですぐにお肌が乾燥することはないと思い込んでいる人が多いです。

寝不足というのは、顔のたるみを引き起こす原因になります

 

一見顔のたるみとは関係がなさそうですが

寝ている間にはお肌を修復する働きをするための新陳代謝が行われます。睡眠が不足してしまうと、この新陳代謝がうまくいかずに老廃物などがたまり、顔のたるみとなってあらわれてしまいます。

 

お肌は夜作られるという言葉があるくらい、睡眠はお肌にとって欠かせないものです。

 

ブルーライト

スマートフォンやパソコンを寝る前に触ることで、安眠できないケースも増えています。

 

寝不足によって顔がたるむのはホルモン不足?

寝不足の状態では、体に必要なエネルギーを作り出すことができません。同様に、顔のたるみや疲れというような症状が出てしまうのは、成長ホルモンが不足していることが原因です。

 

成長ホルモンというのは

 

子供だけでなく大人になっても分泌されるホルモンで、体の中の細胞を生成するために欠かすことができません。

成長ホルモンがたりないと

  1. お肌のターンオーバーも阻害され
  2. 古い角質がいつまでもお肌の上に残り
  3. 新しい細胞が生まれることができない

寝不足を感じるようなことがあれば、体の中の成長ホルモンが不足していることが分かります。

 

夜の10〜2時の間

夜の10〜2時の間はお肌のゴールデンタイムと言い、成長ホルモンが活発に分泌される時間なので寝るようにしましょう。

しっかりとした睡眠をとりましょう

早く寝ればすぐに成長ホルモンが分泌されて、顔のたるみが改善されるわけではありません。スマートフォンやパソコンの使用はブルーライトにより安眠を妨げます。

 

帰宅したままの普段着や、合成繊維のパジャマなどもゆっくりと体を休めるのには向きません。お酒やカフェインの入った飲み物の脳に刺激を与えてしまいます。

 

寝る1時間くらい前になったら

  • 自然素材のパジャマを着用
  • スマートフォンの使用を避け
  • ゆったりとし気持ちでリラックスできる時間

用意しましょう!

お酒を飲んだ方がよく眠れるという人もいますが、アルコールによって脳が途中で覚醒したり、利尿作用によりトイレに行きたくなってしまいます。時間だけでなく、睡眠の質も考えましょう。

 

 

>>顔のたるみサプリランキング TOP